健全。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

久しぶりに早起きしたので、
身体を動かそうと近所の緑地公園へ。


こんなにも朝が早い(AM6時)から、
誰もいないだろうなーと思ったら、
たくさんの方々で賑わっていました。。
(みなさん。早起きすぎません?)

ガンガン走っている人や、
夫婦でウォーキングしている人たち、
ボール遊びをしているおじいちゃんたちなど。

なんと、新郎新婦の結婚衣装の撮影も
されていて、たくさんの人たちが朝から活動
されているんだなと感心しました。




今日は、早朝から活動しましたが、
朝早くから活動される方々の姿をみて、
私もガンバローとはならず、
「毎日は無理だなー」という結論に至りましたが(笑)

(※トップ画像は、
今年はもうないかもしれない、早起きの記念写真。)


とまあ、そんな健康?意識が
強まったのも、

昨日の田村美穂さんと国光先生
「食」と「骨格」セミナーを受講した
影響もあるかと思いますが、

セミナーでは、色々と教えていただきました。

食に関しては、
どのようなものを「口」するかで、
身体だけでなく性格さえも作られるということや、
ミネラルスープなど、手軽にミネラルを取り入れる
方法などを教えていただき、

骨格に関しては、○○骨のはじまりは、
どこからどこまでかということも自分自身が
わからなければ、

表面だけを意識しても結果的に体に負荷を
かけてしまいバランスが崩れるということ

などを教えていただきました。





(国光美佳先生の本)
食べなきゃ、危険! 【新装版】――食卓はミネラル不足



セミナーご参加のみなさん。
ご自身の健康やあり方を省みて
口に入れるものや生活習慣などを
改善し、健康を取り戻した


という方々ばかりで、

メチャクチャ意識高い系。


たくさんのエピソードを
お話くださり勉強になりました。

(みなさんのパワーが凄かったなー。)









「食」「身体」。
このテーマに関しては、
その方々の価値観の数ほど
方法論があるかと思いますので、

「これが正しくて、これが駄目です」

とは、私は言わないですが、
概ね傾向はあるかと思います。



私自身は、食べたい時には
なんでも食べる人ですし、
大好きな「貝類」や「蟹」のためには
車を飛ばしてまで、食べに行く

食いしん坊バンザイ気質。



身体に関しても
ありがたいことにマイmotherからは
丈夫に産んでいただいているので、
あまり大きな病気になることがなく、

ほとんど意識しないで今まできました。
(ママン!ありがとう)


そんな私でしたが、
仲の良い敏腕女性経営者の友人が
立て続けに病気で亡くなったり、
病で仕事がままならなくなった友人たちを
目の当たりにし、

「けんこう」とは、崩してからでは
なかなか完治しないものなんだと、
強く思うようになりました。




そこから「食」に関しても
少し意識するようになりまして、

美味しいものをセーブするというのは
私にとって生きる意欲がなくなると同じですので、

美味しいものを食べるための「胃袋作り」。
これをしようと決意しました。



まず、食べる時間を意識。

朝食は排泄を促すために固形物は食べない。
飲み物だけ。

内蔵の消化力が落ちるバイオリズムが
下がる時は、消化の悪いものを食べない。
(※バイオリズムは人によって違いますので
 ここは個体差があります)


昼食は米を中心とした食事。
赤み牛肉か鶏肉系を選択し、
大魚やマグロ類はたべない。

夕食は、炭水化物を取らない。
(ただし会食では、
出されたものは美味しくいただきます)

ほとんど、「パン」「パスタ」「麺類」は
食べないようにしました。




そうすると、
睡眠も短時間で深くとれますし、
身体が軽くなり、消化が良くなるので
大好きなものをタラ腹食べても
体重も増えにくくなりました。

そのほかとしては、長時間歩いても昔ほど
疲れなくなったり、パソコンの画面などでも
目が疲れなくなりました。
(能力アップというより、スペックが改善された感じです)
※あくまでも、個人的観測です。




あと、やっぱりこれ大事だなーと思うのが、
どのように食べるか。



会食や、お店で隣に座った方々を観察させて
もらいますと、

食べ物を味わって食べていない方も多いのですが、
(コレは私もよくあります。。)

文句や愚痴を言いながら食べている人が
以外にも多いんです。

その方々って、全てではないですが、
食べる姿勢や体型が似通っていることに
気づきました。。。
(ちょっと、コレは衝撃的でもあったのですが、、)





「食」って、
何を口に入れるかということももちろん大事ですが、

「コレは良くて、コレは駄目」といった情報の中から、
自分の身体の調子に合わせた食べ方をセレクトし、
常に実験しつつキチンと観測していくということ。


そして、
食べるときは、「楽しく食べる」ということかなと。


自分カラダは、自分で調子を観測しつつ、
何を入れるか。どのように扱うか。

これが大事かなと思いますね。


もちろん、ジャンクフードも食べますし、
シメのラーメンも美味しくいただきますよ。




とにかく、

「〜しなければならない」という
ガチガチの「健康」を意識するよりも、


自分の調子を観測しつつ、楽しみながら

「健全」でいれることを意識していきたいですね。



そう、崩してからでは遅いですから。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PROFILE

FUMIKO IGO
アナライザー/経営者PROFILE

井後史子リアリズムレター

井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

メールアドレス (必須)

ピックアップ記事

  1. こんにちは。バイオリズム手帳をプランニングさせていただいています。手帳プランナーの井後史…
  2. 楽しみながら望みを叶える旅がしたい人向けの「自己実現」の手引書・実用書です。 …
  3. 今年の2月に弊社出版社から出版させていただきました犬飼ターボ著書 「月の商人」-…

年月別

mother-g
PAGE TOP