流れとバランス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

TOKYO夜
ふりかえれば私の人生、私のほうから声をかけてガンガンと進んで、
流れを作ってきたように思うけど、
以外に向こうから気にかけてくれた人の中で、この人いいなぁ!って
思った人との交流の方が今も長く続いているように思う。
積極的に自分から仕掛けていくタイプと仕掛けられて道が開いていくタイプと二通りがあると思うけど、
私自身は、仕掛けていくタイプ「目標設定」タイプのように思っていて、運は自分が作っていくものだと思っていた。
色んなことを同時進行で進めていかなければならなくなった時、
ものごとには流れというのがあるということがヒシヒシと感じるようになり、
どんなに一生懸命に段取りを組んでいて準備万端にしていても、
進まないときには進まないし、
逆に、今まで止まっていたことが、
一瞬でスムーズに進むこともある。
問題が浮上してきたときに、それを解決してくれるであろう方とのご縁が
あったり、
自分がやろうと腹をくくって決断したとたん、
チャンスが巡ってきたりと何か大きな流れにのっている感じがしていました。
決してあきらめないということと、
ものごとの流れに身をまかすということが夢をかなえるポイント
なのかなと思う。
人生って川の流れに似ている。
でも、その流れに流されるのではなく、
流れを自分で感じることが大切なんじゃないかな。
自分の流れを自分で感じられるかどうかは、ありのままの自分自身が見えているかいないかにもよると思う。
あと、バランスも大切。
流れを感じ、その流れにのって進んでいても、
人生全体のバランスから考えると、自分がおろそかにしているところに
問題が発生してしまう。
私自身、今年は会社の設立→起動にのせる→スタッフの増員という、
自分自身かなりエネルギーを注いできたように思うけど、
人生のバランスから言えば、仕事の一面だけ。
そして自分がおろそかにしている、もしくは安心しきっているところに
影響が出てきました。
半場仕事人間みたいになっていたので、
子供にさびしい思いをさせてしまうことになり、ちゃんとコミュニケーションが
取れていないせいで、色んな問題を起こすようになってしまい、
仕事にも影響がでてくるようになりました。
はずかしながら、
親として考えなければならないところをちゃと出来ていなかったので、
ごもっともな結果です。
今は、子供ともちゃんと向きあうようになって
落ち着いたけど、
ほんと、バランスって大切だと思います。
仕事も家庭も健康も精神も、それぞれが独立したものではなくて、
お互いが影響をうけあうのだということがわかりました。
失ってからでは遅い。
焦らず流れに身をまかせ、バランスよく生きていきたいですね。
まだまだ、学ぶところがいっぱいです(^^;)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PROFILE

FUMIKO IGO
アナライザー/経営者PROFILE

井後史子リアリズムレター

    井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

    メールアドレス (必須)

    ピックアップ記事

    1. 2021/7/24

      生み出す。
      オリンピックが始まりましたね。賛否両論のある東京オリンピック。開幕直前まで、何か…
    2. 初めて人参の企画をいただいた時。忙しい方々でも、毎日の日常に「健康」を意識しながら手軽にプラスON…
    3. 「個の時代」といわれるのもあってか、急速に、「お金」と「幸せに生きる」ことが必ずイコールで…

    年月別

    mother-g
    PAGE TOP