次世代の会社形態とは、関わる人が共に成長していくシステム。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人と人が集まる方法というか、集まり方というかが明らかに昔より変わってきています。

以前なら、1人のグループリーダーがいて、そこに大勢が集まるような、

コンサート系な集まりが多かったように思いますが、

昨今は、リーダーとかいうハッキリとした方は居なくて、一つのコンセプトのもとで

共感する意識がそこに集まるからいくという宗教的な集まりが多くなってきているように感じます。

宗教的というのは、他にあわらすフレーズがないので、そのようにいいましたが、

要するに同じエネルギー体(思考、感情など)の人たち同士が引き合うということで、

それ以外の人を排他的に攻撃するというのとは違います。

個人個人の思想や感情がインターネットの発達を機に表現できるようになったこの時代、

一人一人のエネルギーが、合うか合わないかでそのビジネスが継続、成長、発展と

循環していかないように思います。

「日本でいちばん大切にしたい会社」(著者:坂本光司)の本の中に、

人の幸せのは4つあると書かれていて、

・人の役に立つこと

・人から必要とされること

・人から褒められること

・人から愛されること

上記の4つが幸せの定義とされています。

「愛されること」が満たされると、人から必要とされたいとなり、

「役に立つこと」が満たされると、人から褒められたいとなります。

幸せを感じ続けるには、継続的に成長、発展しあう関係が必要ということだと思います。

人の思考、感情、幸せを継続、成長、発展させるためのサポートに

同じ思いを持つ方々と一緒に会社を立ち上げることになりました。

まったくの初めての試みだけれども、

新しいエネルギーが生み出すものは、大きく波及していくように、

人と人が関わりながら成長していく、循環していく仕組みで、

多くの方々のサポートができると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PROFILE

FUMIKO IGO
アナライザー/経営者PROFILE

井後史子リアリズムレター

    井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

    メールアドレス (必須)

    ピックアップ記事

    1. 2021/7/24

      生み出す。
      オリンピックが始まりましたね。賛否両論のある東京オリンピック。開幕直前まで、何か…
    2. 初めて人参の企画をいただいた時。忙しい方々でも、毎日の日常に「健康」を意識しながら手軽にプラスON…
    3. 「個の時代」といわれるのもあってか、急速に、「お金」と「幸せに生きる」ことが必ずイコールで…

    年月別

    mother-g
    PAGE TOP