イルカと泳げる島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先月、友人に誘ってもらって、生まれてはじめてイルカを海の中で見ました。
見たというより、一緒に泳いだという感じ。
はじめは、少し恐かったのですが、
何度も海に潜っているうちに、
イルカと泳ぐのが楽しくて同時にとても癒されました。
そんなイルカと泳げる島が、伊豆諸島の御蔵島
御蔵島周辺には、現在150頭のイルカが根づいていて、
日本全国からイルカウォッチングを体験しに人が集まってきます。
島に生息しているイルカというのが、世界でも珍しいそうで、いまだに謎だそう。
御蔵島には、まだまだ手つかずの自然があり、とても綺麗な場所なのですが、
この環境を維持するために、「御蔵ルール」というのがあって、
往復の船や宿の確保ができないと島に来島できない仕組みで、
イルカと泳げるのも、一日2回までとか他にも色んな制限があるのです。
この「御蔵ルール」ができた背景は、
イルカウォッチングのブームによって、人口300人ぐらいの島に、
ひと夏だけで、8000人ぐらいも訪れるようになり、
それと引きかえに御蔵の自然環境が悪化。
島が荒れはじめ、カツオドリやミクラミヤマクワガタ、
希少なランなどの動植物や
イルカの数も激変してしまったそうです。
なので、訪れる方は必ず、「御蔵ルール」を守らなければならないのです。
また少しでも波が荒れていれば、
船が着岸できないので引き返して帰ってくるというから、
なかなかスムーズには行けない島というところが魅力のひとつでもありますね。

御蔵島は、砂浜のない島。
山からは沢山の水が海に流れています。

御蔵の海に潜ると、こんな風にイルカが群れで泳いでいます。

手前のイルカ、片目睡眠中。
イルカの睡眠は、片目ごとに目をつぶって右脳と左脳を交互に休ませるそう。

私たちの姿をみるときは、顔をこちらに「キュっと」向けて、
まるで笑っているように見えるんです。

なんとか近くで泳ぎたいと、思うのですが、、。
イルカの泳ぎは速くてなかなかついて行けません。。

やっと近づけた~と思って、イルカの目を見ると、
「どこまでついてこれるかな~~的な」感じで、じぃ~~っと、こちらを見てきます。

何回か潜っていると少しづつなれてきて、
イルカの泳ぎの中にも入っていくことができました。(必死でしたが。。)

この日は海の中の透明度が悪かったのですが、
旋回しながらイルカたちと一緒に泳ぐことができた、感動的な瞬間でした。
アニマルセラピーの方に聞いたのですが、
私たち人間にとって、もっとも癒してくれる動物はイルカなんだそう。
イルカと泳ぐまでは私も分からなかったのですが、
泳ぐたびに元気になってきているのも確かにありましたね。
(肉体的には、泳ぎで筋肉通でしたが。。。)
とっても貴重な体験。
イルカと泳ぐのがこんなにも楽しいものなんて予想以上でした。
御蔵島の「ドルフィンウォッチング」は超~~~オススメです。
よし!来年も行くぞ~!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

laduco

井後史子リアリズムレター

井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

メールアドレス (必須)

お申込の前に下記チェックをクリックしてからお申込下さいませ。

チェック

ピックアップ記事

  1. 個人が、自分の能力を最大限に活用し、あらゆるものを現実化していくためにもっとも重要なのが、タイミ…
  2. 0320
    最近は、化粧品や食品、エステ、トレーニングにしても、個人個人の体質や、特性にあわせてデザイン化さ…
  3. 先日、大阪にて「藤山メソット」研修説明会を開催しました。Blessing 2Uの藤山…

年月別

mother-g
PAGE TOP