ブログ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

一昨日は、出版記念講演の
「人生とビジネスを変える自分メディアの育て方」
夢を叶えるセミナーへ参加。


ブログを書き続けて14年以上のお2人
月野るなさんと戸田美紀さんの
ブログ談をお聞きして勉強しようと。ね。






セミナー参加者のみなさんは、

ブログを毎日更新している方々も多く、
「何のためにブログを書くの?」
という問いに対して、

ご自身のブランディングのためやら、
ブログから仕事をいただけるようになりたいやら、
それはそれは意欲的なお答えばかりで、
みなさん。すごく頑張っていらっしゃるんだと
尊敬しました。


ネット上に「ご自分」の場所を確保し、
多くの人に知ってもらうためには
SNSは常に流れていくので
ブログが一番最強だということ。



ただ書けばいいってものではなく、
検索に引っかかりやすいワードを厳選し、
タイトルや記事の中に入れ込んで書くことが
重要であったり、

ブログの目次カテゴリは30個以内や
ブログテーマの柱は3つ以内と。

ニックネームに関しても
色々とセオリーがありました。


す、すごい・・・


ブログをそこまで考えて
構築されているとは!!!




また、ネタの集め方や
大テーマ、中テーマ、小テーマに
カテゴリ分けし、書いていくこと

告知記事ばかりや
独りよがりの記事ばかりではなく、

読んでもらう方のことを考えて、
記事を書いていきながら、
そこに自分という人間性を表現することが
多くの方に読んでもらえるブログになると。


ブログに関することをレクチャーされている
おふたりの話は、なるほどと思うところが
たくさんで勉強になりました。



人生とビジネスを変える自分メディアの育て方 改訂版
~夢を叶えるブログの作り方、教えます~

月野るな (著), 戸田美紀 (著)


ご出版おめでとうございます〜!
これからもご活躍楽しみにしています。







さてさて。
この井後史子ブログぞな。ですが。

ブログ歴史は、遡ること2004年からで
当時は、「楽天日記」で書いていました。

「薔薇fumi」という、自分では難しくて書けない
漢字を使った、気どったニックネームで。 笑
(この時代の黒歴史は、またいつか)


それから、アメブロに移行し、
今は、この独自ブログ。


いままでブログに関しては
細かいことを考えていなくて
ただただ書いていたんだと少し反省
しましたが、

昨日もお会いした方々から、
「ブログ読んでいますよ〜〜」
「最近ブログ書いていますよねー!」

という叱咤激励?のお声をいただき、

「ブログ読んでいるので、
辞めないでくだいさねー」

とまで言ってくださる方もいて。

えーーーー!
そんなに読んでくれてるの???

と、恥ずかしビックリでした。




私が、ブログをコマメ?に書き始めた
キッカケは、

出版社を立ち上げて、
著者の方に文章を期日までお願いしますね!
という立場になったのがあり、

文章を書く方の心理状態を自分も
体験し、知らないとダメだなと思ったから。


もともと、サクッと文章を書ける方も
いると思いますが、そうでない方の方が多い
でしょうし、その産みの苦しみを自分自身も体験して
おかないと、説得力がないわなと。。


そんな感じで始めたので、
「何のためにブログを書く?ターゲットは?」
などの設定などしていなくて、

わたし井後史子のリアル体験記&アタマの中
ってな感じで。

だって、タイトルが
「Igo Fumiko OFFICIAL WEB」だし。




そんな、井後史子自己ちゅーブログなので、
読んでくださる方は、まあまあのマニアの方かなと
思っていたのですが、

いろんな方々からブログに関しての
応援メッセージをいただきまして、

ほんとありがたいなと。
日々感じています。



毎日は、更新できないですが、
これからも自己ちゅうブログ全開で、
更新していければと思っています。



よろしこ。です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PROFILE

FUMIKO IGO
アナライザー/経営者PROFILE

井後史子リアリズムレター

井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

メールアドレス (必須)

ピックアップ記事

  1. お盆の最終日ですね。西日本では、台風の影響で一足先に帰省から帰ってきている方々も多い…
  2. 会話が苦手な人のためのすごい伝え方 井上裕之 (著)年間何冊も出版される…
  3. 2019/8/6

    わがまま。
    働くことに幸せを見出せるかどうか?というは、私たち大人の永遠のテーマ。今、働くことに…

年月別

mother-g
PAGE TOP