生きとし生けるものには、タイムラインがある。

この世の中って、ある程度法則性や周期性があるっていうことに
興味がある人って多いと思います。

まったく、信じない人もいますし、自分が行く方向からすべてを
法則性のデータをもとに動いている人もいます。

私も、世の中の法則性や周期性というのは、
何十年も前から興味があり、様々な場面で取り入れたりしています。

よく、当たる!当たらない!の占いなども
その種類に位置づけられますが、

あちらよりも、こちらが良いということで決定してしまうのではなく、

結局は、その法則性や周期性のデータを扱う人が、
世の中の動き、人間関係のもつれ、人の感情パターン、
事業の成長速度とトラブルなどの関係性の症例をどれだけ視ているかというのと、

そのデータを元に、様々なトラブルを回避したり、成長速度を早めたりなど、
自分自身も実践してて、経験値がどれぐらい積み上がっている人か
どうかということだと思っています。

元々、私たち人間は、「霊長類」といわれているので、
ある程度の直感に従って、生きていけば、生死に関わるようなことからは
回避できますし、

いきなりトラブルに巻き込まれるということは
事故や自然災害以外はほとんどないかと思います。

なので、はっきり言って、知らなくても生きていけます(笑)

では私自身が、なぜこの法則性や周期性というもの
を取り入れているかというと、

生きるもの、動くもの、成長するものには、
意識があるということを感じさせてくれたからなんです。

意識があるものは、必ず何かしらのエネルギーが循環しているということ。

また、世の中の動きも、人の成長も、一定の範囲で動いたもしくは膨らんだ後、

どういう症例がおこるかということは、
先人の知恵としてある程度統計されています。

(ただし、自然災害や事故などをある程度予測する場合は物理的なデータの方も
重要だと思っています)

いろんな見方で世の中や人の動きを視ていくのは、
平面ではなく立体的に感じれるので、とても面白いなと思います。

PROFILE

FUMIKO IGO
アナライザー/経営者PROFILE

井後史子リアリズムレター

    井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

    メールアドレス (必須)

    ピックアップ記事

    1. 広島の寺岡有機農場様での農場体験ツアー月下人参ジュースを作ろう!の企画はっしーと行く収穫の旅…
    2. お盆ですねー。私も息子が帰省して、法事とお墓参りと、家族行事を過ごしていました。&nbs…
    3. 一昨日、同じ年の社長の訃報が届きました。いきなりでしたので、びっくりしましたが、残された小さ…

    年月別

    mother-g
    PAGE TOP