人は変われるもの。

今年の正月に、
ひとりで家を飛び出しアパートを借りたM子。
元旦に、
「独りで引っ越して家具の無い家にいます。。」とメール。
そして、
「明けましておめでとうございます。私はやっと独りになれました。」とも。
正月早々すごい複雑な気持ちになったのを覚えています。。
ほどなくして、M子に会うと、
肌はボロボロで、吹き出物がでているし、髪の毛もつやがない。
あんなに可愛かった容姿が、一気に老けた感じに。
どうすれば、離婚できるか?を
状況を分析して最大限平和的に離婚できる方法を伝えました。
それから、半年後。
新幹線に乗車中に一本の電話が。
「離婚できました。」というM子からの報告。
ずっと無視を続けられた旦那さんとの離婚が成立したと。
けれども、
最後に仲良くご飯を食べたのが頭から離れないと涙ながらに語り、
私は最悪な女だと、自分を何度もけなす。。。
新幹線の「ゴーゴー」という音の中、
私は、M子に対して、
「離婚おめでとう。」と言ったけど、
これからの彼女の生活のことを考えると、
心の中では、「がんばれ。」という気持ちで一杯だったように思う。
それから3ヶ月後。
私の誕生日祝いメッセージを誰よりも早く送ってくれたM子。
「最近どう?」と私。
「恋人ができました。」とM子。
「うぉおおお!!!」
思わず叫んだ、私(笑)
よかった。よかった。
まだまだ若いんだから、恋愛もたくさんしないとねとか。
人生楽しまなくっちゃ!とか。
おせっかいオババのように、、、、
あーでもない、こーでもないということを
言ったような記憶が。。
それから約2ヶ月後。
ずっと気になっていたので(今年の正月からの展開のその後が。。)
久しぶりに会うことにしました。
さっそうと現れたM子。
以前よりも肌もすべすべで、髪の毛もツヤツヤではないか!!!
「(興味津々で)元気そうね~。少しは落ち着いた??」と私。
「はい。彼と一緒に住んでいて、先日、正式にプロポーズされました(うふっ)」
とM子。
その時の私から出た言葉は、
「ありがとう~~~~彼氏~~~。」だったのね。
自分でもビックリ。
だって普通は、「婚約おめでとう」でしょ。
「プロポーズされました!」ってところだけを聞くと
単純に「おめでとう!」なんだけど、
今年の正月からのM子の人生展開を知っている私からすると、
今のM子の輝きは、間違いなく「彼」の存在が大きい。
私は、「オーラ」とか見える人ではないでれども、
もし、見える人がその時のM子をみたら、
半径50メートルぐらい輝き放っていたと思うぐらい女子オーラ全開でした。
人って、ここまで変われるんだなと、
リアルに見せれくれたM子。
「家に帰ったら、ご飯作らなきゃ。」って帰って行ったところが可愛い。。
ああ。。これだね。
人って何度でも変われるんだということよね。
そして、待っていてくれる人の存在が、
女として女性として
ここまで美しくしてくれるんだなあ。
もうすぐ、クリスマス。
M子。もう安心していいよね。。。

PROFILE

FUMIKO IGO
アナライザー/経営者PROFILE

井後史子リアリズムレター

    井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

    メールアドレス (必須)

    ピックアップ記事

    1. 広島の寺岡有機農場様での農場体験ツアー月下人参ジュースを作ろう!の企画はっしーと行く収穫の旅…
    2. お盆ですねー。私も息子が帰省して、法事とお墓参りと、家族行事を過ごしていました。&nbs…
    3. 一昨日、同じ年の社長の訃報が届きました。いきなりでしたので、びっくりしましたが、残された小さ…

    年月別

    mother-g
    PAGE TOP