自分というもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これからは個の時代といわれていますが、
どういう風に生きて行くかは、自分次第ということかと。
世の中で一番分かりにくいものは、
自分自身のことだと思います。
人の事は、分かりやすいし見えやすい。
なので、人は他人に対してはすぐにジャッジしてしまうけれど、
自分に対してはジャッジしない。
本当はこう思っているのに分かってくれない、こうしたいのに出来ないなど、
自分が望んでいる通りにならない、行動ができないとき、
他人に対しての依存、期待が膨らんで
相手をコントロールしようとすることになり、
結果、ますますバランスを崩し恐れや怒りを自己に抱いてしまう。
自分の以外の他人や所有に対しての価値証明をすることで
自己承認しようとしても、ほんの一瞬だけの自尊心がみたされるだけで、
永続的には満たされる事はなく、
また自尊心を満たしたくて他人や、物に対して執着してしまうことに
なってしまう。
そのスパイラルから抜け出すには、
自分はどうしたいか。どう生きたいか。何が嫌なのか。
を明らかにすることと、周りをコントロールするということを無くすこと
だと思います。
今の自分を受けれ入れられないということは、
どこかに他者からの承認の期待が隠されていると思います。
今の自分はすべて過去の自分が選択してきた集大成。
それならば自分だけを見つめ独りで生きていくという選択が
一番かと思われるけれど、
それでは人としての成長、発展がストップしてしまう。
人生は人と関わらないと、発展していかない。
また自分のもっとも近くに居る人で、承認できない人が
自分の嫌な部分をみせてくれている場合が多く、
その人を通して自分を知る事ができるようになれば、
相手を理解するということになり、
すべての人間関係に調和をもたらしてくれることになるかと思います。
•••ちょっと哲学風になってしまいましたが、
自分というテーマで綴ってみました。
人それぞれの考え方があるので、私の考え方が絶対とは思いません。
ただ、すべて自分自身なのですよね。。。。
自分を確立することが、他者との関係性や混沌とした世の中を
ブレないで進んで行くことができるのではと思っています。
お礼~~★
先日の沖縄で、主催者&参加者の皆さんからいただいたクリスマスプレゼント!
$井後史子オフィシャルブログ
ありがとうございます!
早速、飲ませていただき、食べさせていただき、使わせていただいております。
優しいお気遣いに感謝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

laduco

井後史子リアリズムレター

井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

メールアドレス (必須)

お申込の前に下記チェックをクリックしてからお申込下さいませ。

チェック

ピックアップ記事

  1. 個人が、自分の能力を最大限に活用し、あらゆるものを現実化していくためにもっとも重要なのが、タイミ…
  2. 0320
    最近は、化粧品や食品、エステ、トレーニングにしても、個人個人の体質や、特性にあわせてデザイン化さ…
  3. 先日、大阪にて「藤山メソット」研修説明会を開催しました。Blessing 2Uの藤山…

年月別

mother-g
PAGE TOP