自分の価値。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近は、個人の時代だの
人との繋がりだのが重要視され
好きなことで仕事をしましょう
という時代の流れになって
きています。

多くの方々も、
「今の時代はやったもん勝ちです!」

などど、言われているのを
よく目にします。


ただね。。
これって、一部の表現上手な方や
自分の得意分野が構築されて
いる方にとっては、

なーんてことない、
文字通り、やったもん勝ちよっ!
となりますが、


言葉で伝えることに抵抗を
感じる方や、好きなことが
分からない方からしたら、
表現することって、
超ハードルが高いことなのです。



なぜなら、私もその苦手な一人だから。

ありがたいことに、昔から
セミナーなども開催させていただいて
いますが、伝えるということがとても
苦手なんです。
(今でこそ人前で少しは話せるように
なりましたが。。。)


だってね、
文章を書けば、文字は間違っているし
話をすれば、人の名前をよく間違えるし
「えーっと、」とかのつなぎ言葉を
多用するし・・・。

ハァーー。
ほんと、今でもそうなのですが、
人前に出るのに、
キンチョーしすぎるので、
水を一気飲みして胃袋を膨らまし、
身体も意識も大きくなったイメージを
添えつける儀式を通過してからで
ないとでれません。(気が小さいなあ)








そんなチキンハートな私も
17年前に離婚し、
エイヤーっと起業し、
2005年には生活保護を受給中に
法人設立し、、、

14年経ちました。
子供でいうと、思春期の年ごろ。


14年会社経営していると言えば、
さぞかし事業家としての能力が
高いでしょうと思われがちですが、
全くもってお恥ずかしいことばかりで、
失敗することがいまだに多い(苦笑)。


好きなことをやっているように
思われがちですが、

起業当時は、
自分が何が得意かどうかなども
よくわかっていなくて、

とにかく、
「なんでも受けます!なんでもやります!」

のオコボレちょうだい精神でしたから、
ある意味ハッタリ?に近い状態で、
仕事をいただき、

仕事を受けてから
できるかどうか考える。。

自分でできなければ、
できる人を必死で探す。。

とまあ、
ギャンブルみたいな経営から
スタートし、頭を打ちながら
少しづつ進んできましたので、
自分が何が提供できるかなんて
考えもつかなかったのです。



当時の私は、
何かやりたい!そのためには
何か技術を会得しなければと、
外にばかり目を向けていました。

こっちで学んで、
あっちでも学ぶみたいな感じで、
セミナーや講座にウン百万も
使っていたように思います。



そして、一巡してわかったことは、
ただ、学んだだけでは、
自分自身が何かを提供できる
までにはならないということを。




紆余曲折を経て、
私が提供できることとして
分かったことは、

自分が失敗したり、
チャレンジしたりして
経験したことをお伝えすることや、

他の方の商品やコンテンツを
新たに手を加え(加工)させていただいて
私ならではのやり方で拡めることだったり、

人との関わりで新たな商品(サービス)を
プロデュースすることだったのです。




自分しかない特殊能力を発揮できなくても
面白い人や興味ある商品、良いコンテンツを
私なりに(またはご一緒に)アレンジさせて
いただけば、新たな価値として市場に
息吹を芽生えさせることができるのでは
と気づいたのです。






私が、外に求めにいっていた時は、

「自分だけの特殊能力を発揮できる人になりたい」と
強く思っていました。

それは特殊なものを発揮できる人でないと
提供する価値がないと、
決めつけていたんだと思います。


特殊能力が無いなら、
ないなりに自分の経験と
人・モノ・コトと
ブレンドすればいいじゃーん!!と。

特殊能力欲求の呪縛から離れて、
自分の経験を活用する目線で
改めて見てみると、
自分の興味あることには
多くの時間を使っていること
がわかったのです。







私の場合は、
生家が商売をしていましたので、
毎日、何十人の人たちが
入れ替わり立ち替わり家にいて、
小さい頃から人の行動傾向を見るのが
好きでした。

そこから、
人の関わりの傾向、
ビジネスの傾向、
商品展開の傾向、
時代の傾向などに
興味が拡がっていきました。


さまざまな傾向を知識的に
積み上げたことと、
失敗も挑戦したことも経験則として
積み上げたこととを融合させて、

アレンジをさせていただけることも
ちゃんとした価値としてあるのでは
と思うようになってから、
「自分だけの特殊能力」を持っていなくても
焦りがなくなりました。

その代わり、常に学び続けることは
もちろん、チャレンジし続ける経験を
怠ると錆びてくるでしょう。




私のセッションにお越しくださる方も
「何をやったらいいでしょうか?」
とご相談される方が多いのですが、

外に何かを求めることに
意識が向いている間は、
何をやっても、ご自身から
発動させれないことを
お伝えさせていただいています。


もちろん、学びは必要。
だけども、
自分の価値(多くの時間をつかっていること)
を活用することの方が最も必要なのです。


「自分には提供できるものがない」
と思っている方は、
ご自身の経験を価値として
アレンジしてみてくださいね。


私が提唱するバイオリズムプロファイルでは、
分析精度が3兆9億通りもあり、

人は、必ず固有の能力があるものなのです。


個人の時代とは、能力の時代と
言われていますが、
特殊能力がなくても、誰よりも多くの
経験を積み上げていることが
あなたの価値だということ。

価値がわかれば、
あとはどう表現するかだけ。
表現の仕方は、得意不得意があるので
色々な媒体を試してみられることを
オススメします。




ある化粧品会社の社長のキャッチで、
「私が証明です!」っていうのが
ありましたが、

そうです、「私が商品」です!!!
と恥ずかしくなく言いきれるまで、
経験を積み上げたいもんです。


ではでは。


自分にカンバーイ♪
(さすがに、コレは恥ずかしい^^;)







#バイオリズムコンサルティング #私の価値 #月の商人




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PROFILE

FUMIKO IGO
アナライザー/経営者PROFILE

井後史子リアリズムレター

井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

メールアドレス (必須)

ピックアップ記事

  1. お盆の最終日ですね。西日本では、台風の影響で一足先に帰省から帰ってきている方々も多い…
  2. 会話が苦手な人のためのすごい伝え方 井上裕之 (著)年間何冊も出版される…
  3. 2019/8/6

    わがまま。
    働くことに幸せを見出せるかどうか?というは、私たち大人の永遠のテーマ。今、働くことに…

年月別

mother-g
PAGE TOP