【ママリング社長を辞任しました】身一つから創業〜代表交代までのSTORY〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この度、3月31日をもちまちして、
弊社、ママリング株式会社の代表取締役を辞任しました。
4月1日から新しい代表には岩本幸代(イワモトサチヨ)が就任します。
関係者のみなさま
ママリングは岩本幸代社長にて新体制でご期待に添うべく努力してまいりますので
どうぞよろしくお願いします。
======
ママリングは、右も左も分からない時に、身一つで自宅で起業しました。
(たしか資本金は1万円だったはず。。)
キッチンの横にパソコンと電話を置いてのママリング事業スタート。
私と同じ子供がいるママさんたちに仕事を通して社会につながりをもてるような
会社にしたいと気持ちだけは高らかに思い、会社名も「ママリング」と定めました。
気持ちだけで走っているので、
会社の税金関係、会社法関係などまったくといっていいほど知らなくて、
周りの人からは「何も知らないのに、よくできてるよねぇ。。」と言われつづけながらも、
とにかく勢いだけは落としてはいけないと、内心は不安と恐怖心でいっぱいでしたが、
なんとか踏ん張りつづけていました。
当時は「何でもやります!何でも請けます!」と、名刺をお渡ししながら、
叫んでいましたので(笑)色んな仕事のお話がきましたが、
お声をいただく仕事は必ず請けると決めていたので、自分が出来なくても話を請けてから急いで出来る人を探し、
納期には必ず間に合わせるいう事が一番多いメイン事業でした。
そうやっていくうちに、初めは分からなかったことも、
経験が付いてくると知識が知恵になって色々なご要望にお応えできる様に。
また事業計画も資金計画も何も決めずに走っていましたから、
ほんと今にもつぶれそうなぐらいグラグラな会社でした。
私自身はというと会社の代表であるけれども、
仕事を知りたいというのと、資金を稼ぎたいということで、
色々なところへも働きにいっていました。
今となっては笑い話ですが、、
会社の資金がショートしかけになると、バイトを掛け持ちしながら、
働き、会社の資金へまわしたりしていました。。
設立してからのはじめの数年間は、
色んな友人が助けてくれて、一緒に営業にいってくれた友人、
相談に乗ってくれた友人、また夜中まで電話で不安ごとなどを聞いてくれた友人。。。
今思うとその方達のお陰で、一番しんどい創業期を
なんとか乗り切る事ができたのだと思います。
ほんとありがとうです。
そして、ママリング3期目を向かえる前に、
当時の私にとってはとても大きなお仕事のご依頼をいただくことに!
これは私一人だけでできるキャパではなく仕組みも作らないといけないという案件。
当時、息子と同じ学校の同じクラスの子のお母さんでもあった、
岩本に声をかけてママリングに入ってもらうことになって、
翌月の正月には2人で研修に東京の会社へ。
彼女はインターネット関係に詳しいのと、
私が苦手とする管理が得意なので、すぐに仕事の段取りなどを
お願いするように。
そこから、もっと人がいることになり、
彼女がPTAの会長などをやっているのもあって色んな人を連れてきてくれたので、
人探しには苦労することはなくとても助かりました。
それでもまだ私の自宅でやっていたので、
印刷事業もはじめたのもあって、コピー機も増え、
ますます、手狭に。。。
パソコン7台、コピー機2台、
パートの主婦さん合計7名となったその年の真夏は、クーラーが効かずで
みんな汗だくでの仕事。。。
これはもう限界となったのと、お世話になっている会社さんからの後押しも
あって、初めて事務所を借りました。
そこからは、ありがたいことに毎年夏には手狭になり事務所を広げることになって、
私たちの間では、「お盆は引っ越し」というイメージが付くまでに(笑
そして、今の東大阪の事務所へ来る時には、ママリングから印刷事業部が独立し、
ママリングとデリバリングと2社となって移ってきました。
こうやって書いていると、スゴく早く成長したように思うかもですが、
ほんと、一つ一つ何も知らないところからやってきたので、
いつもトラブルがあった時は、岩本と2人で考えて乗り越えて、
お世話になっている会社のお役にたちたいという思いだけで、やってきた
ように思います。
ある時期から私が会社にいかなくても事業がまわるようになって、
トラブルなどがあっても岩本をはじめ社員たちが解決してくれて、
更に良い方へと改善していく姿をみていると、そろそろ自分は次のところに行くべきかなと思うように。
今まで走ってこれたのも、岩本がいつも側にいてくれてやってきてくれたからこそ、
また主婦の域をこえてひたすら会社のためを思ってやってきてくれたおかげで、
私も会社も成長させてもらいました。
色々な人たちに助けられた創業期。
仕事で毎日が必死だったので、
子供の学校の行事などがよくわからなかったし、地域のこともよく知らなくて、
子供に恥ずかしい思いをさせてしまったことも多々ありました。
岩本がママリングに入ってきてくれてからは、
いつも学校情報や、地域情報などを教えてくれるので、
子供に対しても親としてゆとりをもって色々とやってあげれるようになりとても助かりました。
13年前に離婚をし、「これからは自分1人で子供を育てて生きていく!」
と決意し、生活のため働きながら走ってきたけれども、
人は決して1人ではなにもできない、できたとしてもちっぽけなものだと
いうことを仕事を通して学びました。
だから私は会社という組織をファミリーのようにしたかった。
複数の会社を設立したのも、お互いに助け合える関係を作りたかったから。
昨日の、新代表就任の挨拶で、
「井後が思う企業さまのお役にたちたいという思いはしっかりと受け継いでいます。
ママリングは、大阪のおばちゃんのように日本一おせっかいなサービスをできるようになっていきたいと思います」と岩本社長スピーチ。。
さすがですね。これで思い残す事はないです。
私の思い入れの強いママリングだけに、引き継ぐ方も重荷なんじゃないかなと
考えましたが、彼女に是非継いでもらいたいという思いがあったので、
昨年のデリバリング社長交代の時よりも時期をずらしたのは、
一番下の子供が学校を卒業し、子育てが終わってから社長に就任してもらいたいと
いう気持ちがあったので、今年の4月ということになりました。
東大阪のママリングは、日本一おせっかいなサービスを目標に頑張っていきますので、お近くに来られた際には、お寄りくださいませ。

ママリング2007年
 
ママリング2013年
(写真は、前のママリング事務所と今のママリング事務所です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

井後史子リアリズムレター

井後史子が見て、体験したリアルをお届けするメールマガジンです。無料で配信いたします!

メールアドレス (必須)

 内容をご確認の上チェックを入れてください

ピックアップ記事

  1. 0917_9784344031647
    世界を旅するベストセラー作家の有川真由美さんの著書『質素であることは、自由であることー世界でいち…
  2. geotech_dome_ichinaru
    ベーターセッション(振動音響サウンドセラピー)これは、私たち人間にある人体のエネルギーセンターで…
  3. 再生未来_高濃度ビタミンC
    うわさの高濃度ビタミンC点滴をうけました。【高濃度ビタミンC点滴とは?】2005年、…

年月別

mother-g
PAGE TOP